<カンボジアのお土産>カンボジアシルク、煙草、ビール、シルバーアクセサリーなどのお土産

カンボジアのお土産を選択するこつ:アンコールワット関連製品について

カンボジア,土産

カンボジアのお土産と云っても、ピンとこないし、カンボジアと云えばアンコールワットや内戦しか思い浮かばない人も居るだろう。
カンボジアのお土産が近頃あちこちで話のネタに為っているが、それだけ足を運ぶ人がおおく為っていると云う事で、それだけ内戦が落ち着いてきたと云える事だろう。
ポルポト派等の大虐さつ等辛い経験を経てきたカンボジアの復興は感慨がひとしおだ。
カンボジアと云えば、世界遺産に登録されたアンコールワットが観光の目玉だが、このアンコールワットの関連製品がお土産の定番と為っているようだ。
アンコールワットのレリーフををかたどったクッキーや、アジアやハワイで御馴染みのマカデミアンナッツのチョコレートが、お土産の定番のように為っているが、アンコールと云う煙草もあって、世界遺産のご利益は、たいしたものだ。


スポンサードリンク

カンボジアのお土産を選択するこつ→アンコールワットの歴史について

カンボジア,土産

カンボジアのお土産として定番に為っているアンコールワットの関連製品だが、そのアンコールワットの歴史とはどんなものなのだろうか?
文化的に観てアンコールワットは、現状のカンボジア王国の源流だクメール王朝の首都であったところだが、何代もの王様が建設に携わり、12世紀のスーリヤヴァルマン2世が殊更に中心的な王様で、其の後のジャヤーヴァルマン7世の時代にアンコールトムを包括するほぼアンコールワット全体が完成されたとされている。
カンボジアの観光がアンコールワットのみでは物足りないとおもうかも知れないが、その壮大さを目の当たりにしたならば、1週間滞在してもアンコールワットを充分堪能するには不充分だろう。


カンボジアのお土産を選択するこつ→カンボジアシルクの紛い物について

新興王朝だタイ族のアユタヤ王朝に拠って、クメール王朝はアンコールワットは放棄される結果になったが、カンボジアのクメール美術の真髄がアンコールワットに集中している為、世界遺産に成るのも当然だ。
内戦で傷つけられたアンコールワットは内戦中日本人カメラマンの一ノ瀬泰造が、アンコールワットを撮影に足を運ぶ途中で殺された事で、日本人にも深くかかわりが在り、中島多圭子監督の映画<TAIZO>をご覧になった方もいるだろう。
2005年に製作されたこの映画は現状でも上映されている。
映画の影響もあってカンボジアに足を運ぶ人もおおく、お土産の話のネタもおおくなったのだろう。これがカンボジアのお土産が大人気の理由の一つと云える。
定番のお土産でカンボジアシルクと云うのがあるが、本物は実に高価な為、気楽にお土産として買い付けできるような代物じゃない為、土産物売り場等で販売されているカンボジアシルクは紛い物と考慮して欲しい。
文化的な価値の高いカンボジアシルクはクメール文化が生み出した遺産とも云える工芸品だから、これをお土産に出きたら最高だが、博物館で閲覧するぐらいが安全だ。

カンボジアの著名なお土産:煙草、ビールについて

カンボジアのお土産で著名なのはどんなものだろうか?
これ以外、もらって嬉しかった(役にたった)カンボジアのお土産があったら是が非でも教えて欲しくはないだろうか?
私も2月にカンボジア(シェムリアップ)に行ってきたばっかりだ。何回でも行きたいとおもうくらいハマってしまった。
で、カンボジアのお土産にかんしてだが、カンボジアシルクが著名みたいなのだ。
人に拠って好みもあるとおもうが、布のみを購入するのではなく、クッションカバー等に加工されたものを考慮してみてはどうだろうか?
値段も手頃で枚数を購入すると値引してくれた。
あと、お酒や煙草を吸われる人へのお土産には地煙草や地ビールなんかも
良いとおもう。
もらって喜ばしい物は残念ながらもらった事がないので解からない。
現地ガイドさんに何がおすすめで売れ筋なのか、耳にしてみて参照にするのもいいとおもう。

カンボジアの著名なお土産→シルバーアクセサリーについて

近々、カンボジア旅行に足を運ぶ予定だ。訪れる地域はシェムリアップだ。
知人からシルバーリングをカンボジアのお土産として依頼されたのだが、シェムリアップでかわいいシルバーアクセサリーが売っている店等があるのだろうか。
シェムリアップ市内のオールドマーケットに足を運ぶと、多種多様なお土産が購入が可能だ。
日本語も通じるとおもう。相当ふっかけてくる為、半値八掛けくらいから交渉したほうが良いと考慮される。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX比較なら「サルでもわかるFX」