<ヴァンドーム青山とは?>ヴァンドーム青山のネックレス、結婚指輪(マリッジリングとエンゲージリング)

ヴァンドーム青山のネックレスにかんして

ヴァンドーム青山

ヴァンドーム青山は、相当のブランドを有するジュエリー(宝石等)の製作・販売・輸出入を実行している会社の事で在り、私が調べた結果、ブランドを指す事もあるようだ。
ヴァンドーム青山の大展開するグループブランドとしては、ヴァンドームブティックやプラスヴァンドーム、メンズジュエリーのエステート、代理店としてはCKカルバンクライン、パトリックコックス、トミーヒルガー等を上手に使い分けて事業を繰り広げているようだ。
ヴァンドーム青山のネックレスは、宝石をおおく活用したジュエリーコレクションと云う訳でもなく、実にデザイン性の高いジュエリーアイテムが揃っている。
これらは途方もなく大人気のネックレスたちで、ヴァンドーム青山のネックレスと云えばざっくり若い年齢層をターゲットとしたブランドと云う事が出きるだろう。


スポンサードリンク

ヴァンドーム青山の結婚指輪(マリッジリング)にかんして

ヴァンドーム青山

ヴァンドーム青山の会社設立年度は1973年の事で、この会社の組織構造はジュエリー関連の会社としては、実に充実していて、途方もなくシステマティックな販売戦術が採用されている。
ジュエリーデザインの基本的なコンセプトは、上質な日常使いのジュエリーを謳った為、ハイセンスなデザインのものもおおく、決してでしゃばってこない。
にもかかわらず、ヴァンドーム青山のジュエリーは、とっても実在感のあるジュエリーに仕上げられている。
ヴァンドーム青山でも、ウエディング用のダイヤモンドジュエリーやダイヤモンドコレクション等の結婚指輪(マリッジリング)も扱っているのだが、なんと云っても、メインコレクションのVIVE_LE_PRINTEMPSシリーズがヴァンドーム青山のブランドイメージを語っていると云える。
数量限定のクロスペンダントは、小粒のダイヤを18Kのプラットフォームにチリばめた、ハイレベルなデザインだと同時に、クラフトマンシップ満載の製品だと云える。
また、ヴァンドーム青山のセミプレシャススト―ンとダイヤを用いてデザインされているペンダントやピアス等は、とってもエレガントなテイストを漂わせる絶品だ。
セミプレシャスストーンの薄いブルーやピンクの色とダイヤモンドの透明感が渾然一体となってかがやいており、途方もなくハイレベルな上品さを醸し出している。
ヴァンドーム青山のブランドコンセプトで伝達している通り、結婚指輪(マリッジリング)に限定しておらず、日常生活の中で何気なく身に付けても全く異和感のない、デザイン性と質感を兼備している。
それでいて多種多様な場面で、これを身に付けた人のお洒落感を演出してくれる逸品だ。


ヴァンドーム青山のエンゲージリングにかんして

ヴァンドーム青山のジュエリーコレクションは、アクセサリージュエリーとしては高価なカテゴリーに入るが、宝飾として観た場合、この技術は他のブランドとは一線を画している事が明白だ。
現実的にエンゲージリング等を自身で身に付けてみれば把握できるとおもわれるが、高価な宝石等は殊更に使用しなくても、高い質感をキープしたジュエリーコレクションに為っている。
これはひとえに、宝石に頼りきったジュエリーデザインではなく、まさしくデザイン性有りきと云った、ジュエリーコレクションに対する考え方のちがいからやって来るものだろう。
一般的には会社の事業規模が大幅に成るに従って、ジュエリーブランドの品質は落ちて来るものだが、ヴァンドーム青山のエンゲージリングに限っては、このような事は全く実感出きないのが驚愕するべき点だろう。

ヴァンドーム青山で買い付けた指輪を彼女にプレゼントする事について

彼女の誕生日に指輪をプレゼントしようとおもっているが、東京でお勧めの店があったら、是が非でも私に教えて欲しいものだ。
出きれば予算はだいたい2万円前後と考慮している。ヴァンドーム青山なんかどうだろうか?
婚約指輪とかではなくて普通の誕生日プレゼントとしての渡す指輪で、シンプルなデザインにしたいとおもっている。
彼女と一緒に店に足を運んで決めようとおもっている。そこで多種多様と調べた結果を記述したいとおもう。
相当の物の中から特別な1個を選択するのだったら、やっぱりデパートの宝石売り場に足を運ぶのがお勧めのようだ。
予算が2万円くらいなら、4℃、スタージュエリー、ヴァンドーム青山等のシルバーのものが可愛いくてお勧めだと云う。
銀座三越ならば、近頃リニューアルして、上記の店がことごとく入っているのでお勧めだ。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX比較なら「サルでもわかるFX」