<NTTドコモのプリペイド携帯>NTTドコモ(docomo)プリペイドカード携帯電話の秘密

NTTドコモプリペイド携帯電話の秘密にかんして

ntt,ドコモ,docomo,プリペイド,カード,携帯,電話

NTTドコモ(docomo)プリペイドカード携帯の新規申し込みが完結してから途方もなくの時間が経過した。
あらかじめカードを購入し、その料金で使用する事がプリペイド携帯の特徴だ。
ドコモプリペイドは、料金先払い形式の携帯として当初は話のネタを集めたものだ。
料金が先払いものな為、買い付けたカードの代金分しか使用出きない事から使いすぎを制御する事が出きるメリットがあるし、もしくは月々の基本使用料がかからない等のメリットもある事でが認識されている。
NTTドコモ(docomo)プリペイドカード携帯は、通話料金そのものはやや割高感がある為、普段、通話料金をあまりかけないお年寄りや、子供に持たせている親、もしくはビジネス上やむを得ず使用する人、短期滞在の外国人等の間で重宝されていると云う。


スポンサードリンク

NTTドコモ(docomo)プリペイドカードの料金等について

ntt,ドコモ,docomo,プリペイド,カード,携帯,電話

NTTドコモ(docomo)プリペイドカード携帯は本体料金に初期手数料が1500円だ。
これだけであとはプリペイドカードの代金しかお金がかからないものだった。[ぷりコール]と云う名称で、カードは1000円と3000円のものがあった。
通話料金は相手が一般の電話の場合10円で6から10秒、携帯電話の場合4秒から10秒レベルだ。
ドコモ(docomo)は、多種多様なサービスを大展開し、契約者も年々拡大していた。
しかしながら、新しい携帯電話の形として注目を浴びたプリペイド携帯であったが、其の後たびたび問題が指摘されようになった。それは匿名性の問題だ。
料金が先払いものな為、契約の際の本人確認が甘く、匿名性が高くなると云う問題があったのだ。
ドコモもサービス開始当初は身元確認が不必要だった。
その為、振り込め詐欺をはじめ、密輸、誘拐等、多種多様な犯罪行為に活用される機会が増加し、社会的な問題になったのだ。
其の後、各社とも本人確認を徹底するようになったのだが、それでも契約後の本人確認が出きないと云う問題は改善できず、問題の解決にはいたらなかった。


NTTドコモ(docomo)プリペイドカードの完結とソフトバンクについて

NTTドコモ(docomo)プリペイドカード携帯も、本人確認の徹底の影響か、これに伴い契約者数が激減した。その為、プリペイドは2005年3月31日をもって新規申し込みを完結した。
この完結はプリペイド携帯に重大な問題提起をしたと云える。
問題点をいかに鎮撫し、活用者に使用しやすくするかがプリペイド携帯の今後の課題と云える。
この完結はこれがいかにむずかしいかの証明なのではないだろうか。
NTTドコモ(docomo)につづいて日本で初めにプリペイド携帯を導入したツーカーも完結した。
反面、新たにソフトバンクが参入し、プリペイド携帯の先行きは不透明な状況に為っている。
これから新たに契約する事を考慮している人はよく考慮して会社を選択するようにしたほうが良いだろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX比較なら「サルでもわかるFX」