<チップLEDとは?>チップLEDは半田(ハンダ)付けがむずかしい電子パーツ

チップLEDとは半田(ハンダ)付けがむずかしい電子パーツという話について

チップLED

チップLEDと云うのは、携帯電話等に活用されているような途方もなくちっぽけなLEDと云う電子パーツの事だ。
その極小さの為、半田(ハンダ)付けが難しく初心者には扱いが少々困難なものだ。
しかしながら、小さくても途方もなく明るく、多種多様なパーツの一部として活用されているLEDだ。
チップLEDには白、緑、黄、青、橙等相当の色が用意されている。中には2色タイプのチップLEDや3色タイプのチップLEDも有る。
そもそもLEDと云うのは発光ダイオードの事で、電気を流す事で光を発する半導体の事だ。
これは、第4世代の灯り(あかり)と呼称されている。


スポンサードリンク

LED成長の歴史について

チップLED

次にLED成長の歴史にかんして観ていきたいとおもう。
まず第1世代の灯り(あかり)と呼称されているのはロウソクだ。第2世代の灯り(あかり)と呼称されているのは電球だ。
そして第3世代の灯り(あかり)と呼称されているのが蛍光灯、其の後に継続する灯り(あかり)として待望されているのがLEDなのだ。
基本的な原理と云うものは、なんと20世紀の初頭にはとっくに発見されていたそうだ。
しかしながら、現実に現状のようなLED技術がガッチリと確立される事になったのは1960年代以降の事だそうで、まず赤と緑が開発されたのだそうだ。
其の後、1970年代に入り黄色が開発されて、1990年代に入って初めて青色が開発されたのだ。
青色を開発したのは日本のメーカーで、青色が開発された事により白色の開発へと進む事が可能になったようだ。
白色が開発された事により、LEDは一般照明用としても活用されるように成ったわけだ。
こういった具合にしてチップLEDは誕生してきたのだ。


LEDの大きな長所について

チップLEDに限らず、現状のLEDは先にも記述した携帯電話は勿論の事、デジタルビデオカメラや大型ディスプレイ等、更に道の表示器等多種多様なところで頑張っている。
近頃よく取替えが実践されている交通信号灯もLEDだし、これからは自動車用のランプ等にも次々と普及していくようだ。
チップLEDの取り付けもしくは交換方法が分かる事ができない人やDIYでチップLEDを自作しようとしている人、更にチップLEDの販売・通販を上手に活用したい人等は、以下の記述を参照事項にして欲しい。
LEDがどうしてこれほどまでに開発が進み、次から次へと活用されていくワケとしてはやっぱり、何種類かの長所があるからだ。
大きな長所としては、LEDは蛍光灯に比べ、寿命が実に長いのだ。その物自体は半永久的に活用が出きると云うから驚きだ。
更に長所としては、サイズが驚愕するほどに小さい為、活用範囲が更に拡大すると云う事だ。
我々の周りにある灯り(あかり)が、ロウソクから電球、蛍光灯と移行してきたように、現状以降はLEDが主役となってくる時代もそう遠くないのかも知れない。
こうなると、チップLEDの更なるべんりな生活が待望できそうだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX比較なら「サルでもわかるFX」