<宅建の難易度とは?>宅建の難易度の秘密と攻略法

宅建の難易度と合格率の情報について

宅建,難易度

宅建難易度は現実のところどれぐらいのレベルなのだろうか。
宅建の正式名称は宅地建物取引主任者だ。メインの業務としては不動産の売買、賃貸の契約等が上手くいくように、顧客(クライアント)に対して重要事項の解説をするための国家資格だ。
たとえどのような会社であっても、不動産業務を実践する時は、従業員5人の中に最低1人は宅地建物取引主任者を置く事が義務付けられている。
この為、不動産関係の仕事に付きたい人は、是が非でも所得すべき資格と云える。
近頃人気の宅建だが、試験の合格率や合格の難易度はいったいどのようなものなのだろうか?宅建の合格率は低いとよく云われている。
平成19年度の受験者は約260,000人でこのうち合格者は約36,000人。このデータによると合格率は約17%となる。
この数字をどう把握するは人に拠ってまちまちだろうが、宅建に合格するため努力している人にとっては、全般的に高い合格率とは云えないだろう。
この為、宅建試験の合格難易度は高いのだと云う誤ったイメージが定着しているのだ。


スポンサードリンク

宅建難易度の秘密について

宅建,難易度

現実的に考慮して宅建の難易度が高いかどうかと云うと、決してそうでもないから落ち着いて欲しい。
少なくとも、勉強をサボらずに勉強すべき事をキッチリと実行していれば、宅建に合格するのはそれほど難易度は高くないと云える。
そもそも宅建の難易度が高いと云われる秘密の一つに、宅建の受験生のおおくが学校等を活用しないで、独学で勉強するケースがおおく、合格に必要な知識を網羅しきれずに試験会場に向かってしまっている事が少なくない事が挙げられる。
だから、宅建にキッチリと合格する為には、まず基本をガッツリ身に付けるような勉強をする事が一番肝心になってくるのだ。
宅建の勉強は独学、専門学校、資格試験予備校、ビジネススクール、通信講座と云った多種多様な方法で実践する事が出きる。
近頃ではインターネットの普及のおかげもあって、通信講座で独学するパターンが増大している。


宅建難易度と宅建の攻略法について

宅建の試験を科目別に分類してみると[権利関係][宅建業法][法令上の規制][これ以外]の4領域から出題される。
専門学校等を活用している人の話を聴くと、専門学校等は権利関係の領域からカリキュラムが始まり基礎を固める事パターンが少なくないようだが、実はこの権利関係の領域はモロ民法の領域なの把握する事が途方もなく難しく(宅建の難易度が高いと云われる理由がここにもある)、途中で挫折してしまう人も少なくないようだ。
この影響か、法律の初心者でも把握できやすく、そして得点にも結びつきやすい宅建業法から入るべきだ、と云う声もあるくらいだ。
独学で勉強する人は、周囲の意見やインターネットの掲示板にあるような誹謗・中傷等はあまり気にしないで、自身が継続して勉強しやすくて、更に頭に入りやすい順番で勉強していくと良いだろう。
この考え方を実行出きる人は、宅建の難易度を誤解する事なくスムーズに勉強を継続する事が出きるだろう。
また、宅建合格への基礎が固まった後、現実の試験対策に成るが、これは市販されている過去問を解きまくる事が中心に成る。
まあ、資格試験の王道として過去問を何回も解きまくるわけだ。
市販されている問題集だと過去10年分くらいの問題が掲載されている。これで試験のだいたいの風潮を気付く事が出きるだけでなく、合格に最短距離で接近する事が出きる。
宅建に限らず、各資格試験にとって過去問を解く事は合格への最短距離だ。
ただ、一つ注意しなければいけない事を挙げるならば、毎年のように法改正が実行されている事だ。
この為、過去問題が陳腐化して役に立たない事も多々ある為、問題集を選択する時は、近頃の法改正にガッツリ対応した問題集かどうか注意して買い付ける事が重要だ。
殊更に独学の人は、情報に疎くなる風潮があるので注意が必要だ。この法改正の多さも宅建難易度を上げている原因の一つとも云える。
針小棒大と云っても過言じゃないとおもうが、高いと云われる宅建難易度。
しかしながら、地道にこつこつと勉強すれば、合格を勝ち取る事は決してむずかしいものじゃない。
やるべき事をガッツリとこなし、ウソの宅建難易度等笑って吹き飛ばしてしまおう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX比較なら「サルでもわかるFX」