衛生管理者と保険師の違い、衛生管理者と保険師の資格取得条件

衛生管理者と保険師の職業の違いについて

衛生管理者,保険師

今回は、衛生管理者と保健師にかんしての解説をしたいとおもう。
衛生管理者にかんして、全く興味のない人に聴いたとしたら、衛生管理者も保健師もそれとなく同じ仕事なのかっておもうようだ。
保健師ってドクターや看護師とはちがうのかなとか、[師]と[士]の違いってなんだろうか等など。
例を挙げると、衛生管理者って、パン屋とか喫茶店とかに額縁に入ってる賞状なんかに記述してなかったっけ。
衛生管理者と保健師と云う文字を観ても、謎だらけの人も少なくないとおもわれる。
このホームページの目的としては、衛生管理者と保険師とはおのおのどのような職業かの違いを明白にする事で、是が非でも衛生管理者と保健師になりたい、と云う人だでけでなく、常識と云うか雑学的な感覚で、頭の片すみにでも入れておいてもらえると幸いだ。


スポンサードリンク

衛生管理者とはどのような職業か、また資格取得条件等について

衛生管理者,保険師

まず、衛生管理者とはどのような職業なのかを観てみよう。
労働安全衛生法で決定されている、労働条件や労働環境の衛生面を良くして、病気の制御かつ予防措置等を担当し、職場の衛生全般を管理する人の事を衛生管理者と云うのだ。
要するに、職場を清潔にキープして、病気を制御かつ予防する事を専門とする人の事だ。
誰でもこの職業に就けるわけじゃないのだ。
[よし!そこのバイト君!いまから君は衛生管理者を頼む!!]なんていうのも当然無理と云う事だ。
そこで、この資格取得のための条件にかんして観てみよう。
衛生管理者免許、ドクター、歯科ドクター、労働衛生コンサルタント等、免許や資格を取得した人から選任すると云う事が法律で義務付けられているのだ。
この免許は、更にこの資格の中で細分化されていて、仕事の範囲が広い順に案内すると、衛生工学衛生管理者、第1種衛生管理者、第2種衛生管理者の3種類有る。


保険師とはどのような職業か、また資格取得条件等について

次に、保健師とはどのような職業なのかを観てみよう。
保健師の定義は、保健師助産師看護師法で[厚生大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事する事を仕事とする人]と云う。
衛生管理者と比較すると、更にハッキリしないと云うか、もっとわかりづらい。
看護大学や保健師養成校で決定された教育を受けて、保健師国家試験に合格をして、ようやく[保健師]として名乗る事が許される[国家試験]だ。
保健師と云う資格も、3つに大幅に分類されるようだ。
自治体の保健所や保健センターに勤務する[地域の保健師]もあれば、企業の産業保険スタッフとして活動する[産業保健師]もあるし、大学等で学生と教員の心身の保健保持の為に頑張る[学校保健師]に分類出きる。
次に、この保健師と云う資格取得のための条件にかんして観てみよう。
保健師の免許を取得するには、看護師の国家試験に合格して、更に所定の保健師養成課程を6ヶ月以上完結して、保健師国家試験に合格しないといけない。
看護師に合格してから、更に研修を受け完了してから保険師の国家試験に臨むなんて、すごいとしか言い様がない。
衛生管理者免許も保健師も、立派な国家資格・国家免許だ。
もしも、衛生管理者と保健師両方の資格・免許を取得したら、たぶん会社や学校から引く手おおくに成るかも知れない。
人がおおく集まる場所(学校や会社)には、衛生管理者も保健師も本当に必要に成るからだ。
衛生管理者も保健師も、一見地味なポジションの職業だが、途方もなくやりがいのある仕事だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX比較なら「サルでもわかるFX」