<CADのパソコン資格>CAD関係のパソコン資格の取り方にかんして

CAD関係のパソコン資格の取り方にかんして

パソコン,資格,CAD

CADシステムとは、パソコンを活用して図面を記述するシステムの事を云う。
CADとは[Computer Aided Design]の略で、パソコン等コンピューターの力を借りてデザインをする、と云ったところだろう。
これは多種多様な領域で活用されているのを御存知だろうか。
自動車領域や機械、電気、造船、土木建築等多種多様な領域で活用されているのだ。CADの種類は大幅に分類して、[汎用CAD]と[専用CAD]の2種類が実在する。
汎用CADとは、どのような領域でも活用可能なCADの事で[Auto Cad]が代表的なCADと云えるだろう。
また、服飾デザインや造園の設計、3Dの配管図面の作成等、ある一部の専門領域に特化した機能をもつものを[専用CAD]と呼称するのだ。
以前の設計では、製図用の紙に専用のペンを活用して設計を実践していた。
現状では、製図台はパソコンに移り変わり、専用のペンはマウスに変わってしまった。
では、この担当者にはどのような能力が求められるのだろうか。
例を挙げると、機械関係や土木建築関係のCADオペレータは、円を描いたり、線を描いたりと云う能力を習得するのみでは不充分だ。
すなわち、既存の図面の意図するところを詠み取る能力や、設計者が描いたスケッチを図面化する能力も求められる。
この他方で、専門領域では設計者おのれからがCADを駆使して図面を描く事も少なくないようだ。
設計者にとっても、より優れた設計をする為には、CADを使いこなす事も必須事項になってくると云う事だ。
CADにかんした資格だってたくさん在る。
これらの資格を取得すると、転職や就職に有利となる為、現状CADに携わっている人のみでなく、現状以降CAD領域の仕事をしたい人もできる限りなるべく積極的にチャレンジしてみると良い。


スポンサードリンク

CAD関係のパソコン資格の取り方にかんしてパート2

パソコン,資格,CAD

CADシステムは、近頃では途方もなく高機能と為っている。
単に、パソコンの中で図面を描くのみじゃない。
パソコンは、通常、インターネットやLANに接続されている為、これらのネットワークを上手く活用してデータを共有する事も可能となってきた。
例を挙げると、航空宇宙産業等の場合、国際的な分業が進み、CADデータの交換や図面データの貼付等は日茶飯事に実践されているようだ。
また、3次元CAD等も広く活用されるようになった。
また、アメリカのボーイング社でも、航空機の設計に於いて3次元CADを駆使して設計していると云う。
CADは建築関係や機械関係の企業では必須アイテムとして、なくてはならないものに為っている。
その為、CAD資格取得者の求人も少なくないと云われているのだ。
このような領域の産業は景気の動向に大幅に左右される領域だが、近頃の景気回復に結びついて求人も増大しているようだ。
更に現状以降、中小企業やちっぽけな建築事務所等も、より相当のCADシステムを導入していく事が予測されている為、次第に求人も増大していくとおもわれる。
このような領域に就職や転職をしたいなら、CADの資格を所有している事は途方もなく有利だとおもわれる。
CADでは、ちがうソフト間でのデータのやりとりが容易に出きないのがデメリットだ。
この為、たった一つの汎用CADの活用手段をマスターするのではなく、他のソフトの操作方法もマスターしたいところだ。


CAD関係のパソコン資格の取り方にかんしてパート3

パソコンを活用したCAD関連の資格に[CAD活用技術者試験]と云うものがある。
CADに関連する資格の中で、1番ポピュラーな資格が[CAD活用技術者試験]なのだ。
この試験は平成2年に開始して以来、毎年数万人の人が受験する試験なのだ。
CAD活用技術者試験には1級と2級が在り、1級の試験は実技試験で、2級の試験は筆記試験と為っている。
CADシステムは相当の企業が採用している為、取り扱う人も工学系の勉強をしてきた人ばっかりじゃないようだ。
この為、現実のCADシステムオペレーターの割合が途方もなく高いのが、この試験の特質だとおもう。
大学生や専門学校生が、勉強してきた証拠として2級のCAD活用技術者試験を受験すると云うケースもあるようだ。
1級は現実にCADシステムを扱うようになってから受験してみてはどうだろうか。
気に成る合格率だが、2級では40%ほど、1級で20%ほどだ。
相当の人が、1級に合格する為に1年間くらい前から勉強して準備を進めているそうだ。
2級であっても、半年くらいの勉強期間は必須事項だと云われている。
社会人は、大学生や専門学校生とちがい、パソコンはもっているが資格取得の為に勉強する時間があまり無いと云う人は少なくないとおもう。
資格の取得の為に時間を上手く作らないとならないと云う必須事項もある為、半年から1年くらいの準備期間が必須事項と云う事だろう。

CAD関係のパソコン資格の取り方にかんしてパート4

前述したように、CAD活用技術者試験の資格には2級と1級があるが、出題内容はいったいどう為っているのだろうか。
2級の試験範囲は、CADシステムの基本知識が問われる。
2次元や3次元と云ったCADシステムの基本用語以外に、CADコマンドの活用方法等をただしく了解している事も必須事項だ。
ハードウェアやソフトウェア等、パソコンの基本知識にかんしたものも問われる。
また、パソコンにかんした知識のみでなく、製図にかんした知識も当たり前のごとく問われる。
図面の見方や用語等、JIS規格に基づく製図の知識をガッツリ吸収しておかなければならないと云う必須事項もある。
更に知的財産保護や情報セキュリティにかんした事等、CADシステム周辺にある知識等にかんしても出題範囲に含有される。
各種条件を設定され、その条件に基づいて現実に作図する能力もまた必須事項となっていくのだ。
また、文章に拠って提示された事を図面化する能力も必須事項だ。
トレース等の技術も必須事項になってくる為、1級の資格は、2級とは比べ物にならないほどの準備期間が必須となっていくのだ。
その為、1級のCAD活用技術者試験をクリアした人は、実務に対応出きる即戦力として職につく事が可能らしい。
CAD関係の転職や就職を考慮している人は、是が非でも1級の資格取得を目指して欲しいものだ。
また、3次元のCADにかんした資格も実在する。
これは平成15年から開始した[3次元CAD活用技術者]と称される為、転職や就職時の需要も少なくないものと為っている。

CAD関係のパソコン資格を取得して就職する方法について

CAD関係の資格を取得して、オペレータを照準を合わせる人がたくさんいると云う。
パソコンを活用したCADオペレーターとして就職した場合、いったいどのような仕事をするのだろうか。
オペレータは、設計者が描いた手書きの図面を清書入力するのがメインの仕事だ。
手書き図面を清書して入力するのみであれば、業界未経験の人でも充分にやっていけるはずだ。
CADソフトは途方もなく高価な為、個人的に買い付けて家で勉強する事もむずかしいと云える。
この為、パソコンスクールに通学してCADの資格を取得する人が少なくないようだ。
熱意と前向きな姿勢やポーズがないとそこまでは出きない。
就職等では、CAD活用技術者1級の資格を所有している事は、その前向きな姿勢やポーズが評価されると云う事でもある。
また、業界で現状以降も活動していきたいとおもうのであれば、最低限、CAD活用技術者試験はクリアしておきたい資格に成る。
CADにかんした職種は多種多様あるが、CADデザイナーともなるとCADオペレータとはちがって、設計的な要素にかんした知識も必須事項となってくると云う。
現場経験とそれなりの知識が必須事項となってくるわけだ。
例を挙げると、家屋の図面を描く場合、設計者のスケッチをパソコンに入力する事ならば、誰でもシンプルに出きる。
しかしながら、ドア部分が部屋の左側から右側へ変更されたとする。
この時、CADデザイナーであれば、他にどの部分を変更したら良いのか考慮する事出きる能力が必須事項となってくるのだ。

CADを業務に適切活用する為に Autodesk Masterについてパート1

パソコンを活用して図面を描く場合、CADを活用するわけだが、市場の中で途方もなく高いシェアを占めているのが[Auto CAD]と云うソフトだ。
Auto CADはオートデスク社が提供しているソフトだ。
Auto CADを上手に活かす技能に対する資格も在り、それは[Autodesk Master(ADM)]と云う。
この資格はAuto CADを中心としたオートデスク社製品の技能試験をクリアする事で授けられる資格となる。
パソコンを活用した製品にはAuto CAD以外にも多種多様なソフトがあるが、[納品はAuto CAD方式で]と云う事が少なくないようだ。
この為、業界ではAuto CADが標準だと考慮しても良い。
Autodesk Masterと云う資格の試験内容にかんしてだが、初級者レベルのCADオペレーターから、熟練した設計技術者まで対応可能に成るように、多種多様なレベルに分類されている。
ユーザーの習熟度に合わせて、レベルに見合った試験内容に為っているようだ。このAutodesk Masterと云う資格の試験を受験する人は、20歳代から30歳代の人が少なくないようだが、40歳代でチャレンジする人もいるようだ。
Autodesk Masterの受験者としては、CADを活用して5年から10年くらいの経験者が少なくないようだ。
Auto CADは2年に1回のペースでバージョンアップが実践され、その内容も試験に反映されていく事に注意する事だ。

CADを業務に適切活用する為に Autodesk Masterについてパート2

Autodesk Masterの特質は、すぐに実務に役に立つと云う事が挙げられる。
実務に活用しているAuto CADやオートデスク製品を活用し操作技術を学習していく為、現実業務にすぐ役立つと云うわけだ。
Autodesk Masterの試験内容は多種多様なレベルに分類されており、2次元の作図を対象とした[2D Design][2D Expert]等がある。
また、3次元の作図を対象とした[3D Design][3D Expert]等のクラスもある。
自身のレベルに合った受験クラスを選択出きる事が、この資格の特質だとおもう。
Auto CADは業界に標準CADと云う事で、建築や土木領域、電気や機械領域等多種多様な領域で活用されている。
しかしながら、Autodesk Masterの資格を所有しているのみでは、CADオペレータとしての仕事には就けないようだ。
以前ほどCADオペレータと云う仕事の求人はおおくないようだ。
なぜなら、現状は設計者おのれからがパソコンのCADを駆使して設計図をつくり上げるからだ。
その為、2Dや3Dの資格以外にもコンピュータグラフィックの技術等、プラスαの技術も必須事項だ。
パソコンを活用しておのれから設計している技術者の人は、この資格を取得する事で、能力のアップを図ってみてはどうだろうか。
この資格を取得する為には、パソコンスクールに通学する事が1番の最短距離の道だと云える。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX比較なら「サルでもわかるFX」