3DマイホームデザイナーLS2や3DマイホームデザイナーPRO5や種類

マイホームデザイナーの種類について

マイホームデザイナー

マイホームデザイナーとは、住宅の間取りを作成したり、この作成した間取りに合わせた外観のシミュレーションまで可能な住宅デザインソフトの事だ。
これは、メガソフト株式会社から販売されており、自身の家用のシリーズ[3DマイホームデザイナーLS2]と、業務用のシリーズ[3DマイホームデザイナーPRO5]が有る。
更に、マイホームデザイナーと云うと無料のフリーソフトや中古品の人気が高く、体験版のダウンロード数もおおく人気が高い。
当ホームページでは、3DマイホームデザイナーLS2やPRO5や種類にかんして案内している。


スポンサードリンク

[3DマイホームデザイナーLS2]にかんして

マイホームデザイナー

[3DマイホームデザイナーLS2]には、間取り図作成、外観のシミュレーション、構造点検機能等が有る。
[3DマイホームデザイナーLS2]の間取り図は、シンプルな質問に答えていくのみで、収録されている378点の間取りサンプルから、熱望に沿ったものが表示される。
表示されたものを元にして、サイズを変更したり、部屋数を増やしたりしながら、自身のみの間取り図をシンプルにつくり上げる事が出きるのだ。
[3DマイホームデザイナーLS2]では、インテリアの素材も豊富で在り、ダウンロードによる追加も出きる。
できあがった間取りに、家具を配置してみて、ウォークスルー機能で、家の中をシフトしてみる事も可能だ。
家具を構築したら通路が狭くなってしまって驚嘆!、現実的な生活環境を無視した構造になってしまった、買い付けた家具がおもった以上に大きかった等、家ができあがった後では改善がむずかしいようなものも、ウォークスルー機能を利用する事で事前に改善する事が可能だ。
外観のシミュレーションとしては、作成した間取り図を元に、外観をシミュレーションする事が出きる。
構造点検機能は、作成した間取り図の柱の数、開口部の広さ等から、地震や台風にどのくらいつよいのかを診察し、更に改善のためのアドバイスが表示される。
これ以外にも、日当たりのシミュレーション、インテリアの吟味、照明の設置部分及び設置数の吟味等に、活用する事が出きる。


[3DマイホームデザイナーPRO5]にかんして

[3DマイホームデザイナーPRO5]には、間取りプランを提案するための間取り図作成、外観イメージを提案するための3Dパース作成、全体的なプレゼンテーションをするための各種プレゼン資料作成を、円滑に進める機能が盛り込まれている。
[3DマイホームデザイナーPRO5]では、バリアフリーへの対応、収納スペースの確保、採光の確保、外観の変更等、クライアントの要求に柔軟に対応し、シミュレーションしていく事が可能だ。
相当の人にとって、家を立てる事は、一生に1回か2回の大仕事だ。
費やす時間も金額も途方もなく大きなものに成る。
にもかかわらず、住宅メーカーの担当者や、建築士の利用する用語が良く了承できなかったり、おもったようにイメージを伝達されず、ちっぽけな不満を残したままに為っていたりする。
マイホームデザイナーを利用する事で、自身で了解出きるまで、間取りと生活のイメージをシミュレーションし、できあがったイメージをそのまま、住宅メーカーの担当者や、建築士に伝達する事が出きる。
また、具体的なイメージを共有しながら、専門家からのアドバイスを受ける事が出きる為、より熱望に近いマイホームにする事が出きる。
家と云う大きな買い物を成就させる前の、ちっぽけな投資として、マイホームデザイナーの活用を吟味してみるのも良いかも知れない。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX比較なら「サルでもわかるFX」