<ローソンロゴ>ローソンのロゴの秘密と歴史

ローソンのロゴは、缶にもビンにもみえる事について

ローソン,ロゴ

私の家の近くには、3つほどコンビにが実在する。
ファミリーマート、セブンイレブン、そしてローソンだ。つまり、日本を代表する売り上げトップスリーのコンビニ達がしのぎを削っているわけだ。
私の家から1番距離があるのはローソンで在り、あまり足を運ぶ機会がなくて残念だ。伊豆半島に釣りに足を運ぶ時、このコンビニにはよくお世話に為っているが、地元で足を運ぶ機会がないので気に為って多種多様吟味してみた。
さっき、ローソンに立ち寄り、そのロゴをジッと観てみた。このロゴ、青地に白の柄で、あたかも缶のような、いや、ビンのようにもみえるイラストが記憶に残る。
そう云えば、あの特質的な缶のようなビンのようなマークを遠くからでも一見すると[あれはローソンだ!]と把握できるロゴだ。車のドライバーには大助かりだ。


スポンサードリンク

ローソンのロゴの秘密とローソンの歴史について

ローソン,ロゴ

しかしながら、あのロゴにはどのような秘密があるのだろうか?気になって吟味してみた。
インターネットを活用しながら、ローソンのロゴにかんして多種多様調査していると、驚きの新事実を発見してしまった。
そもそもこのコンビニは、アメリカのオハイオ州でJ.J.ローソンなる男が1939年に立ち上げた[ミルク店ローソン]と云う店が原型に為っているそうだ。
そのミルク店だが、牛乳の絶品さが世間で評判になり、其の後、事業をいよいよ拡大していく事になったのだ。
更に事業をどんどん拡大していくと、ミルク店は牛乳を取り扱うだけでなく、日用品までも同時に販売していくように成るのだ。
この時期に成るとミルク店ローソンは[ローソンミルク社]と名乗るまで事業規模を拡大しており、後にコンソリデーテッド フーズ社と云う会社の傘下に入る事になった。
そして日本に上陸したのは、さかのぼる事1974年の事だ。
ダイエーと業務提携を果たしたローソンは、なんと大阪府豊中市に一号店を開店させた。実は、関西の会社だったのだ。これには私も驚愕した。
其の後このコンビニは、関西地区の大阪市や神戸市を中心にして、店舗の数を増やしていったのだ。
この頃のローソンと云うと[Lawson's]と云うネーミングで、ハムやソーセージ等の加工肉を40アイテムも販売しており、アメリカ風な高給デリカテッセン(サンドイッチや西洋風惣菜を販売する飲食店)としてのビジネスを大繰り広げていて、例を挙げるとお客さんのオーダーを受けてそのままサンドイッチを作成してしまったり、また輸入食料品の販売が中心であった。
其の後も日本でのローソンの快進撃は留まる事を知らず、2006年にファミリーマートが全都道府県に店舗を設立完了するまでは、コンビニ業界内でただ1人全都道府県に店舗をもつコンビニとして認識されていた。


ローソンのロゴの起源について

ここでいよいよローソンのあの特徴点のあるロゴにかんして、つまりロゴの起源にかんして書きたいとおもう。
あのロゴの起源は、ローソンの創業者のJ.J.ローソンが売っていた牛乳のミルク缶をデザインしたものなのだ。
そしてあのロゴの美しいブルーは、オハイオ州の美しい青空を表現しているそうだ。
ついでに、現状の米ローソンミルクの場合、米食品業界最大最高手のコンソリデーテッド フーズ社の子会社になってしまった為、現状ではこのロゴを拝見する事は出きないそうだ。
私があのコンビニを観ていると、ロッピーやEdy、更にはiDに代表されるように、常に目新しいシステムを導入する事で、いつの時代も最先端になってやると云う努力を惜しまない会社にみえる。
また、ナチュラルローソンやローソンストア100のような新しい事業形態も大展開する等、コンビニ業界の老舗と云う事に甘んずる事なく、これからも成長しつづける姿が垣間みられる。
またこのコンビニは、テレビ局やラジオ局とのコラボレーション企画もたくさん在り、これからも目が離せない。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX比較なら「サルでもわかるFX」