<セブンイレブンDHCとネット通販>セブンイレブンのDHCがコスメティック製品のランキング上位に

セブンイレブンDHCがコスメティック製品のランキング上位の理由にかんして

セブンイレブン,DHC

セブンイレブンのDHCは、DHCの躍進を支えてきた販売戦略だが、コスメティック製品をコンビニエンスで販売する等は、それまでの化粧品業界では信じられない事であった。本当に驚愕した人も少なくない事だろう。
セブンイレブンのDHCがコスメティック製品のランキングでも常に上位をしめている事は、基礎化粧品が主流になって、シンプルなスキンケアを中心にしたDHCの製品構成とその品質が高かった事のみでなく、セブンイレブンの店頭に置かれている事で、訪問販売や百貨店での販路と比較して、その販売数は比較にならないほど高く為っていた事が最大最高の原因だろう。
これに反論する人はあまり考慮されない。
これがセブンイレブンのDHCがコスメティック製品のランキングの上位に常にいる理由だろう。


スポンサードリンク

セブンイレブンDHCの品質が良い理由にかんして

セブンイレブン,DHC

勿論DHCの製品の品質が良い事は当たり前だが、セブンイレブンのDHCが多量に販売し買い付けられる事により、DHCの知名度が上がると同時に、企業の利益も増大し、製品の開発戦略にも多大な投資が可能になった。
その結果、更に品質の良い製品開発が可能になり経済的な好循環をセブンイレブンのDHCはもたらした。
ブランドステータスにこだわった今までから在る化粧品各社は、基礎化粧品と消費者動向の誤解から、低迷を余儀なくされているのは、いたって自然の現象と云えるだろう。


セブンイレブンDHCとネット通販について

セブンイレブンのDHCは、初めはコスメが中心であったが、現状ではサプリメントも肝心な主力製品になってきたようだ。
しかしながら、DHCの販売戦略の中心的活動を成し遂げてきたセブンイレブンのDHCも、いよいよインターネットを活用したネット通販の戦略が相当の割合を占めるようになった。
そして、いよいよマルチメディアを適切活用した多角的販売戦略をセブンイレブンとDHCの両社が一緒に大繰り広げているところは、実に興味深いところだ。
現状のところセブンイレブンのDHCの実店舗で販売力のある主力製品は、DHCの[15日シリーズ]等のサプリメント系や、化粧品でもディープクレンジングオイルやマイルドソープと云った基礎化粧品系が中心だ。
また、高額な化粧品にかんしては、ネット通販やカタログ通販と云う他のメディアを活用した販売戦略がメインに為っている。

セブンイレブンのDHCの販売戦略の発達と通販戦略にかんして

DHCにとってセブンイレブンとの友好関係は、DHCの会社が大幅にステップアップし発達するきっかけになったばっかりでなく、小売業のノウハウや販売戦略を勉強する上で、優秀な経験だったと云えたようだ。
コンビニエンスストアを販売チャンネルのファーストステップにしてしまえば、カタログ通販やインターネット通販はセカンドステップと云える。
DHCの販売戦略は、これらあらゆる販売チャンネルを巧妙に釣り合いを取って併用しているところが素晴らしい技なので在る。
さらに、各々の販売チャンネルのもつ特性や特技や、メリット・デメリットを適切活用しているところは、販売低迷に苦しんでいる他の化粧品メーカーにはない、セブンイレブン譲りの小売業的な手法と云えるだろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%80%9A%E8%B2%A9&tbm=blg&output=rss&num=50






FX比較なら「サルでもわかるFX」