<カネボウエロイカとは?>カネボウのエロイカバリアントモデル

カネボウのオードトアレエロイカにかんして

カネボウ,エロイカ,バリアント

カネボウのエロイカバリアントもオードトアレエロイカも、資生堂のMG5等を押しのけて、男性用コスメティック用品としては、相当良い路線を突っ走っていた。
しかしながら、カネボウのペンタゴン経営と云われた滅茶苦茶な多角経営路線の中で、孤軍奮闘のように会社に貢献していたカネボウのエロイカシリーズだったが、これも現状となっては昔の話の事になってしまった。
駄目な会社には、やっぱり駄目な労働組合も在って、せっかくの好調な化粧品部門まで駄目になってしまったと云うわけだ。
2007年6月で、120年もの長期の歴史を誇った、カネボウ株式会社もついに倒産により解散させられ、株主代表訴訟もまだまだ続行中で、残務整理も覚束ないようだが、この事でカネボウ化粧品の生産や販売にかんしても、現状以降の予定も未定と言わざるを得ない具合だ。
出きるだけ早期に、エロイカバリアントやオードトアレエロイカ等の人気製品が、花王にでも売却されれば、けっこう、現状でも大人気製品になり販売数もアップするとおもう。
こういった具合に考慮すると、途方もなく勿体無い気持ちもあるが、この件も花王との折り合いが全く合わなかったようで、結局一悶着あった結果、白紙になってしまったようだ。
カネボウは、なんと2000億円もの巨額の粉飾決算をやっていたのだから、花王にとってみれば、折り合いもヘチマもあったものじゃない。
現状以降、カネボウのエロイカバリアントやオードトアレエロイカが復活する可能性はあるのだろうか。


スポンサードリンク

カネボウのエロイカモデルにかんして

カネボウ,エロイカ,バリアント

結局、カネボウのエロイカモデルがある化粧品部門は花王の傘下となったが、これ以外の事業資産は、新しく出きたクラシエホールディングスに引き継がれた。
この結果、カネボウホームプロダクツ、カネボウフーズ、カネボウ製薬、カネボウ薬品が、クラシエホームプロダクツ、クラシエフーズ、クラシエ製薬、クラシエ薬品と云う名称に変わったようだ。
現状、花王の傘下になった元カネボウの化粧品部門には、エロイカバリアントどころかエロイカのブランドモデルさえも見つからない。
当然、エロイカバリアントやエロイカモデルの名前もしくは名称も見つからないのが現状だ。
柑橘系のフレーバーで大人気だったエロイカバリアントも、市場から早々と姿を消す雰囲気だが、カネボウ自体の化粧品は、品質も良く大人気だっただけに、悔やまれる事間ちがいなしだろう。
そのようなカネボウと云えば、エロイカバリアントやエロイカモデルのような化粧品のみでなく、広東麺シリーズやホームラン軒シリーズ等のカップ麺シリーズも大人気だった。
しかし現状以降は、これらがクラシエに引き継がれた結果、どうなるかどうかも未定なのだ。
カネボウが消滅した結果、気付いてみると、この会社の無茶苦茶な多角経営振りを実感させられて仕方がない。


カネボウのエロイカバリアントにかんして

エロイカバリアントとは、倒産した旧カネボウが販売していた、低価格で高品質の男性用化粧品の事だ。
勿論、これはエロイカシリーズの製品の一部だが、エロイカシリーズの中では高額な製品の部類に入る。
しかしながら、カネボウが解散してしまった現状、これから、再び生産されるのかどうかもあやしい状態だ。
私が、インターネットの通販専用のホームページでカネボウのエロイカバリアントを探し求めた結果、3本セットが安く販売されているのを発見出きたが、在庫切れの店もおおくて、潰れた会社の製品と云うのは、こんな感覚で扱われてしまうものなのか[いと悲し]と、シミジミと世間の厳しさを実感してしまった。

カネボウのエロイカ・プレシェーブローションにかんして

私は現状、カネボウのエロイカ・プレシェーブローションを販売している店をくまなく探し求めている。
カネボウのエロイカ・プレシェーブローションならば、以前はどこの化粧品売り場であっても陳列されていたものだが、近頃めっきり見かけなくなってしまった。
そこで私が独自に調査した結果を記述したいとおもう。
どうやら、大きな店で売ってなければ、カネボウ製品を扱っている店を探し求めて注文してもらえば、ざっくり3日位でエロイカ・プレシェーブローションを取り寄せ出きるようだ。
速やかにエロイカ・プレシェーブローションを取り寄せてもらおうかな・・・・・・とおもう今日この頃だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX比較なら「サルでもわかるFX」